ConvertXtoVideo (*旧名:Video Converter) 完全ガイド

スピードと高品質を兼ね備えたこのオールマイティツールで、お好きな映像を変換、統合、カットして、らくらく編集。

ワンクリック

1. 変換する動画を挿入

次の 2 つのボタンのうちどちらかをクリックして参照したら、追加してください。メインウィンドウに動画を直接ドラッグアンドドロップすることもできます。もっともよく使われる avi、flv、DVD (コピー保護なし) および Blu-ray をはじめ、ほとんどすべての動画形式に対応しています。追加した動画ファイルを削除したい場合はその動画を選択し、[選択範囲を削除]をクリックしてください。

2. 変換フォーマットを選択

一度に選択できる変換フォーマットはひとつだけです。例えば、動画を 3 つ追加した場合、3 つすべて同じフォーマットに変換されます。別のフォーマットに変換したい動画があるときは、新しいセッションを開始して、その変換したい出力フォーマットを選択します。

利用可能なフォーマット:

  • 一般的な動画 (Avi, MkV, Mp4)、DVD (PAL および NTSC)
  • タブレット (ipad および Android)
  • スマートフォン (iphone and Android)
  • ゲームコンソール (Playstation, Xbox)
  • ウェブデザイン (WebM)
  • 音声 (動画から音声を抽出し、Ogg、Mp3 または Mp4 へ変換)

次の 3 つのフォーマットは完全に無料で、編集機能も制限なく利用することができます:

  • MkV
  • Ogg
  • Remux

3. 動画に編集を加えたくない場合や詳細設定がまだよくわからないときは、[開始]をクリックするだけ、かんたんです!




オプションと設定

ビデオエディタ

動画の設定を開いて詳細を変更するときは、動画の右にあるアイコンをクリックします:   ウィンドウが開くと、細かいオプションが左に、動画のプレビューが右に、そして動画の構造が一番下に表示されます。

編集ウィンドウが開きます:



プレビューとタイムライン
 

タイムラインの構成は次のとおりです:ここに動画のすべてのトラックが表示されます。他にファイルを追加したいときは、字幕でも音声でも、ここで追加することができます。
すでに追加した動画の右にある、ファイルを追加する + マークをクリックすると、ファイル同士を結合することができるので、変換後には 1 つのファイルだけが作成されます。
特定のトラックだけ編集したいときには、そのトラックをクリックすると、カーソルがグリーンの垂直の線でプレビューの再生進行を表します。カーソルをマウスでスクロールしてプレビューの巻き戻しや早送りをしたり、カットしたい特定のチャプターや部分を選択することができます。  

各トラックの左にある矢印マークに注意してください。最初の矢印マークは追加して変換するトラックとして選択された、という意味です。2 つ目の矢印マークはプレビューで再生するトラックに選択された、という意味です。        




オプション  


ファイルエクスプローラ
別の動画や音声、字幕を追加したいときには、ここでファイルを参照したら、その下にあるタイムラインへファイルをドラッグ & ドロップします。  

トラックエディタ
タイムラインにあるクリックしたトラックによって、違うウィンドウが開きます。 ビデオトラックをクリックすると:
最初のタブ出力形式と出力スクリーンサイズです。ここで変換後に再生するスクリーンサイズに合わせて、動画のサイズを調整します。右側にあるプレビューでサイズを事前に確認できます。ここでは他にも画像を回転させてイメージフィルタを選択することができます (Lanczos の使用を推奨しております)。
次のタブ は変換アドバイザです。(DVD 以外のすべての出力形式で利用可能) ここでファイルのサイズや品質が全体的に管理できます。
3つ目のタブ明るさ - コントラスト - 彩度です。 ここでは、動画の明るさ、コントラスト、そしてガンマ補正を調整することができます。結果はプレビューで瞬時に確認できます。

カット  
 動画の要らない部分はいくつでもカットすることができて、お好きな動画に仕上げることがかんたんにできます。ウィンドウの下にあるタイムラインで、動画のカットしたい部分の先頭にカーソルを置いて、[カットを開始] をクリックします。次に、カットする部分の終端までカーソルをドラッグしたら、[カットを確定] をクリックします。こうして、カットを開始および終了するタイミングを確定して、カットするシーンを設定します。カットするシーンに制限はありません。確定したカットシーンはすべてこのウィンドウに上から順番に表示されます。また下方のタイムラインにも赤色でカットシーンが表示されますので、その部分は変換中にカットされることが分かります。カットシーンをキャンセルしたい場合は、右横にある赤い X ボタンを押すだけです。        

     

チャプタ :DVD と MKV 出力形式なら、動画にチャプタを追加することができます。  




字幕の追加 : 字幕を追加するには、エクスプローラ (最初のタブ、上記を参照) からファイルをドラッグ & ドロップするか、または下方にある T アイコンをクリックしてファイルを選択します。タイムラインに新しいトラックが追加されます。このトラックをクリックしたら、トラックエディタで字幕を編集します。ここで、フォントや色、サイズ、テキストのコードページを変更できるだけでなく、ポジティブまたはネガティブオフセットを追加して非同期化の修正も行えます。編集はプレビューですぐに確認できます。  




音声の追加: 字幕同様、音声トラックをクリックしてトラックエディタのオプションで編集します。ここで音声のボリュームを調節できます。  

編集が終了したら、左上にある [保存して閉じる] または [保存しないで終了] をクリックして、メインウィンドウに戻ります。変換を始める準備が整ったら、[開始] をクリックして変換をスタートします。


設定  

変換ごとにお好みで調節できるさまざまなパラメータが充実しています。メインウィンドウにある [設定] をクリックして設定を開きます。



全般:

インターフェース:
テーマと色を変更してプログラムの外観と雰囲気を変えることができます。
出力フォルダ:
変換したファイルがパソコン内のどこに保存されるかを表示します。デフォルトでは [ドキュメント] の "VSO Converter" というフォルダに保存されます。 このパスはお好きな保存場所に変更できますので、例えば変換したファイルを USB キーに直接保存することも可能です。


変換:

デコードに使用するコア数
最大同時変換: 複数のタイトルセットを変換する場合、一度に行える変換プロセスの最大数です。選択可能な同時変換最大数は、お使いのハードウェア内のコア数によって決まります。
最低空きメモリ: 変換の実行中に他にもパソコンで行いたい作業がある場合、最低維持しておくべき空きメモリです。これだけ空きメモリがあれば、他の作業もスムーズに進みます。
処理の優先度:もしもパソコンで他にも同時に作業する場合、パソコン上の変換プロセスを扱う優先順位を設定することができます。優先度を設定して、他のタスクのパフォーマンスがスローダウンすることを防いだり、または変換プロセスの方を優先したりと、自由にコントロールできます。ただ一般的には、バックで実行中のプログラムがないときに ConvertXtoDVD を実行するのがベストです。

ビデオ:
2 パスエンコードを使用: この製品はカスタマイズされたコンスタントクオリティエンコード方式を使って動画をいろいろなビットレートでエンコードし、最良の品質に保ちます。つまり、非常に高速な動きのあるシーンなど "複雑" なシーンの場合、エンコーダーは、静止している単純なシーンよりも多くのスペースと情報を複雑なシーンのために確保します。
DVD に変換する動画のサイズが大きく、時間が長い程、動画の平均ビットレートを低くする必要があります。したがって静止画のような "遅い" シーンではスペースを節約し、アクションシーンなど動作の "速い" 細かいシーンのためにスペースを取っておくことが大切です。この 2 パスモードでは、最初のパスでは動画をエンコードしますが、動画ファイルを詳細まで確認・分析して、シーンに関する細かい情報を含む動画ファイルの全体像をつかんだあと、動画をディスクに書き込むことはありません。次のパスで実際にエンコードが行われます。2 つ目のパスがエンコードを開始するときには、各フレームには最初のパスで決定した複雑性の値 (運動ベクトルなどその他の情報を含む) があります。したがって、エンコーダーは動画全体を参考としながら、ビットレートを要求されたところへ正確に配布することができるのです。音声のエンコードは 2 つ目のパスで完了します。
もしもチェックが入っていない場合、プログラムはシングルパスエンコードを使用します。動画はまだ再生されていないので、エンコーダーはその複雑性を判断することができません。したがって、ビットレートは数秒など小さい単位ごとで平均化しなくてはなりません。つまり、複雑な動きのあるシーンまできたけれども動画の平均ビットレートをそのまま保たなくてはいけない場合、そのシーンを処理するだけの十分なビットレートが足りず、結果画面が乱れる、ということが起こり得ます。ConvertXtoDVD はコンスタントクオリティエンコード方式に基づいた優秀なエンコードプロセスを使用しているので、市場稀に見る珍しい 2 パス変換で、単純なシングルパスの変換よりも、変換後のファイルが良質になります。
最高画質設定を使用する:この設定が有効の場合、ビデオエンコーダーは品質を向上するため、特別な設定を使用します (ただし、変換にかかる時間は増加します)。


ビデオのリサイズ既定設定
サイズ変更フィルタ:このフィルタはいちから書き込みます。そして作成した要素によっては既存のオリジナルフィルタとそっくりになることがあります。
フィルタの本来の目的と役割をネット上で検索してお調べください。弊社で検証を行った結果、Lanczos フィルタを使用して変換すると、美しい仕上がりになることがわかっています。
処理に長い時間がかかるフィルタもありますが、アルゴリズムは複雑なため、その方が他の変換に比べて良質な仕上がりになります。変換するソースにはどのフィルタがいちばん適しているか、一度ご確認ください。
ビデオのサイズ変更方式:スクリーンのサイズに合わせて動画のサイズを変更するデフォルトの方法を選択します。

ハードウェア最適化
ハードウェア デコーダを使用する:このオプションにチェックを入れると、お使いのパソコンとグラフィックカードによっては変換が速くなることがあります。(基本的にはタイトルセットのエンコードが 30FPS 以下とあれば、ここにチェックを入れて変換にかかる時間を節約しましょう。)この設定の詳細に関しましては こちらの投稿 (英語)をご一読ください。 注意: ハードデコードのオプションが有効なときは、 同時変換設定は無効となります。

音声 : 変換するファイルの音声が低い場合はここで音声を上げることができます。

字幕 :強制字幕設定

単一ファイルで出力する: 変換後に自動で書き込み処理を開始する場合は、[変換後、単一ファイルプロジェクトを書き込む] を選択します。
出力サイズ / 品質: ここでサイズと品質の設定が自由に行えます。デフォルトではこの設定は 50% になっていますが、高品質にしたい場合は値を上げて、低品質でもすばやく変換したいときには値を下げて調節します。

DVD ビデオ出力
DVD 出力のためのオプションです。
変換したファイルを DVD へ書き込む: 変換後に自動で書き込み処理を開始する場合は、[変換後、DVD ビデオプロジェクトを書き込む] を選択します。
音声変換: AC3 または Mpeg 動画フォーマットに変換します。

出力サイズ: "通常の" DVD として DVD 5 に書き込むか、大きいプロジェクトなどサイズが多く必要となる映像の場合 DVD 9 に出力するか設定できます。カスタムで値を入力することもできます。
メニューテンプレート:12 のテンプレートからお好きなものをお選びいただけます。
全般 設定: DVD を再生プレイヤーで再生するときの動画の希望動作とメニューのオプションを選択できます。

ブルーレイ/AVCHD 出力 ブルーレイまたは HD 構造を出力するときのオプションです。
変換後に自動で書き込み処理を開始する場合は、[変換後、ブルーレイ/AVCHDプロジェクトを書き込む] を選択します。
出力サイズ: 書き込むディスクを BD-25 または BD-50 から選択します。カスタムで値を入力することもできます。
メニューテンプレート:12 のテンプレートからお好きなものをお選びいただけます。
全般 設定: ディスクを再生プレイヤーで再生するときの動画の希望動作とメニューのオプションを選択できます。

チャプタ:
DVD、ブルーレイおよび MKV のみ利用可能なオプションです。変換する映像に既存のチャプタがあるときにはそのチャプタをインポートしたり、チャプタの長さを設定して自動でチャプタを作成することもできます。

書き込み:
ディスクまたは ISO イメージに書き込む、など書き込みの設定を選択します。

サウンドイベント:

[サウンドイベントを再生する] にチェックを入れると、問題が起きたときや変換終了時などをお知らせする音声案内が有効になります。この音声案内を無効にするには、ファイルの隣にある赤い X マークの付いた音符アイコンをクリックします。
処理完了:操作が完了したときにはいつでも再生されます。(例: 変換または書き込みプロセスが完了したときなど)
問い合わせ: 操作を続行するのに不可欠なオプションが選択されていないときに再生します。
書き込み可能な DVD が必要:書き込みをするメディアが挿入されていないときに再生します。
問題を検出:問題が発生したときに再生します。
更新が利用可能:オンラインで新しいバージョンを検知したときに再生します。

サウンドイベントのカスタマイズ:お好きな音声ファイルを追加すれば、サウンドイベントをカスタマイズできます。デフォルトのファイルから追加した音声ファイルへ変更するには、フォルダと音符のあるアイコンをクリックして、音声ファイルを参照します。グリーンの再生アイコンをクリックして音声の確認ができます。


ヘルプ/ ツール

解除キーの購入:
更新を確認: VSO アップデーターで新しいバージョンが利用可能になるとお知らせいたします。いつでも製品を最新バージョンにアップデートしておくことをおススメいたします。
変換済みのプロジェクトを書き込む: 以前変換したファイルやもう一枚コピーとして再度ファイルをディスクへ書き込む場合、以前変換したファイルの出力形式によって 2 つの方法があります。
ログイベントを表示
問題を報告: もしも何か問題が起きたり、製品に関して質問がある場合はここをクリックしてサポートツールを開きます。

ライセンスキーの入力

VSO Video Converter では次の 3 つのフォーマットを完全無料で変換することができます:MkV、Ogg、および音声プロファイル
その他のフォーマットは、機能制限 (変換時間 10 分まで) のある試用版で変換できますが、製品版を購入しライセンスキーを適用すると機能制限なしに変換をお楽しみいただけます。
ライセンスキーを適用するには、製品上部にある [ヘルプ] の [ライセンスキーの入力] をクリックしてください。

mkv から blu-ray、 avi から mp4、mp4 の変換、avi から blu-ray、flv から avi、mkv から avi などなど.... どんなフォーマットでも自在に変換できる Video Converter の素晴らしさをきっと体感していただけます。