メイン ガイドに戻る

PhotoDVD の設定

設定 - 特定のセクションをクリックするか、そのまま各セクションを読み進めてください。

  • 言語
  • 字幕
  • イメージング
  • メディア統計
  • DVD 設定

  • 言語 – アプリケーションの表示に使用する言語を選択します。
    言語の設定


    イメージング
    品質
    目的に応じて、画像の品質と処理速度の適切なバランスを設定します。 既定値は中間の 「良品質」 になっています。 以下に、各フィルタの簡単な説明があります。 イメージ フィルタの詳細に関しては、VSO フォーラムを参照してください。

    Fast Linear = 「Linear」 には劣るが品質が良く、高速
    Linear = 高品質
    Lanczos = 最高品質

    プロパティ
    [カッティング] は、写真のエッジを取り去って、トリミングします。 既にバランスの取れた写真であったり、クローズアップした写真が多いような場合には、0% にしておく方が適しているかも知れません。

    [大きさ] は、写真の左から右、または右から左への動きを指定します。 値を大きくすると、スライドショーでの横の動きを大きくします。

    [ズーム レベル] は、写真にクローズアップする動きを設定します。 値を大きくすると、クローズアップの動きが大きくなります。

    タイミング
    [スライドの編集] 画面で、画像の表示時間や切り替え時間を別途設定していると、そちらの設定が優先されます。 この設定を変更すると、既定の設定の写真のみが変更されます。

    [画像の表示時間] オプションで、写真が表示される時間を調整することが可能です。 特定の写真を他の写真よりも長く表示させる場合は、[スライドの編集]、または鉛筆のボタンをクリックして設定します。

    [切り替え時間] は、写真間の切り替えにかかる秒単位の時間です。

    [リセット] - 設定を元の (既定の) 値に戻します。

    [イメージング] タブ


    DVD 設定
    テレビの形式
    DVD の最終的な形式 (NTSC または PAL、4:3 または 16:9) を選択することが可能です。 NTSC または PAL の選択は、通常居住地域によって決まります。 日本では、通常 NTSC が使われています。

       

    PhotoDVD は、DVD メニューを自動的に作成します。 メニューが不要な場合は、[メニュー テンプレート] オプションで 「メニューなし」 を選択します。 スライドショーにチャプタ ポイントを作成したり、チャプタ作成の自動設定を使うと、「チャプタ」 というサブメニューができます。 写真の字幕にコメントを追加したり、音声のプレイリストを追加すると、「設定」 というメイン メニューからアクセスできるサブメニューができ、これらの機能の有効/無効を切り替えることが可能です。 以下は、メイン メニューの一例です (画面の上半分は最初の画像を表示します):
    PhotoDVD メイン メニュー
    以下は、チャプタ メニューの一例です:
    PhotoDVD チャプタ メニュー


    メニュー テンプレート
    以下は、他のメニュー テンプレートの例です (メニュー内の画像は、スライドショーの 1 枚目の写真です):


    [自動再生] は、ディスクが DVD プレーヤーに入れられたときに、即座にスライドショーの再生を開始します。

    [再生を繰り返す] は、スライドショーの再生が繰り返しになり、スライドショーの再生が完了したら、再び先頭から自動的に再生を開始します。

    [開始時に字幕を表示する] は、[スライドの編集] 画面で写真にコメントを追加していれば、字幕チャンネルの表示を有効にします。 字幕を追加していない場合でも、画面上にファイル名を表示させることができます。 字幕/コメントは、「設定」 メニューやリモコンの 「字幕」 ボタンを押して、有効/無効を切り替えることができます。




    チャプタ タイトルの形式
    [チャプタ タイトルの形式] で、チャプタ メニューのサムネイルに付けるテキストを 4 種類の中から選ぶことができます。

    チャプタ タイトル: チャプタ ポイントを指定した写真を右クリックして、DVD メニューのチャプタ サムネイルのタイトルとして使われる 「チャプタ タイトル」 を指定することができます。

    テキストを入力して、[OK] を押します。

    次のようになります:



    画像のコメント プロジェクトに追加した写真をダブルクリックして、[スライドの編集] 画面を開きます。 この画面で、フォト スライドショーにコメントを字幕として追加することができます。 最終的な DVD で、「設定」 メニューや DVD プレーヤーのリモコンの字幕ボタンを押すことによって、コメントを表示させることができます。 [チャプタ タイトルの形式] で 「画像のコメント」 を選択すると、メニュー内のチャプタのタイトルが、その写真に入力した字幕のコメントになります。

    次のようになります:



    スライドショー内の時間 特有の写真がスライドショー内で表示される時間を DVD メニューの チャプタ サムネイルのタイトルとして表示します。 フォト リストで各チャプタ ポイントの核時間を見ることができます:

    次のようになります:



    チャプタ番号 チャプタ番号を DVD メニューのチャプタ サムネイルのタイトルとして表示します。


    字幕 - 写真に 3 種類までの字幕/コメントを入力することができます。 たとえば、トラック 1 に写真が撮られた日付と場所を記入して、トラック 2 に出来事に関するコメントを加えたり、あるいはトラック 1 を日本語、トラック 2 を英語にするなど、異なる言語にすることも可能です。 字幕トラックは DVD の再生中に有効/無効を切り替えることができます。 字幕を有効にするには、DVD メニューの設定に移動するか、DVD プレーヤーのリモコンの 「字幕」 ボタンを押します。

    <字幕トラック 1 のタイトルをここに入力> 字幕トラックに名前を付けることができます。 この名前は、設定メニューで表示されます。 ドロップダウン ボックスを使ったり、icon ボタンをクリックして、字幕のフォント、色、サイズも変更することができます。

    [言語] ドロップダウン ボックスで、トラックの言語を指定することができます。 DVD プレーヤーのリモコンの 「字幕」 ボタンを押して、異なる字幕トラックを切り替えると、画面上で字幕ストリームの言語を示す表記を見ることができます。

    [自動字幕トラック] の [写真のファイル名を使って、字幕トラックを作成する] オプションは、4 つ目の字幕トラックを作成して、元のファイルの名前を使用します。 PhotoDVD の最初の手順にあるフォト リストでファイル名が表示されています。 この図例で黄色で囲まれている部分です。






    [チャプタの自動設定] にチェックが入っていると、指定時間 (既定値は 02m00s、2分) ごとにチャプタ ポイントを設定します。 また、写真を右クリックして [チャプタ] > [チャプタの挿入] を選択して、手動でチャプタを追加することができます。 自動設定のチャプタと手動設定のチャプタを混在させることができます。 自動チャプタの時間を変更しても、手動チャプタは時間ではなく、写真に関連付けられているため影響を及ぼしません。 プロジェクトを保存するときに、自動チャプタは設定として保存されません。
    自動チャプタのマークはグレー で、手動チャプタのマークはオレンジ色 です。


    メディア統計 - 開発元 VSO Software 社がメディアへの書き込み情報を収集するのを許可するかどうか選ぶオプションがあります。 コンピュータや個人を特定することのできる情報は一切収集しません。


    メイン ガイドに戻る