メイン ガイドに戻る

PhotoDVD - [スライドの編集] 画面

[スライドの編集] 画面で次の作業が行えます:

  • 写真の回転と削除
  • 写真にコメントを字幕として追加
  • モノクロ/セピア変換
  • 動きや切り替えオプションの変更
  • フォーカス ポイントの追加
  • その他のボタン

  • ここで変更された設定は、表示されている写真にのみ適用されます。 プロジェクト全体の設定よりも優先されます。 プロジェクト全体の設定は、[設定] メニュー下にあります。

    写真の回転と削除
    rotate これらのボタンを使って、写真を時計回り、または反時計回りに回転します。

    delete このボタンを使って、表示されている写真をプロジェクトから削除します。


    モノクロ/セピア変換
    モノクロ これらのボタンを使って、写真をモノクロやセピアに変更します。


    フォーカス ポイント
    フォーカス ポイント このボタンを使って、写真にフォーカス ポイントを設定します。 このボタンをクリックすると、写真上の注意を引きたい箇所にマークを付けるために、マウス ポインタが十字型に変わります。 動きや切り替えの動作の際に、この地点が考慮され、パン効果やズーム効果において注意を引く対象として配置されます。
    注意: クイック プレビューではフォーカス ポイントは考慮されず、作成/エンコード処理のときにのみ作成されます。

    写真にコメントを字幕として追加
    写真にコメントを追加するオプションがあります。 これらのコメントは、DVD の字幕と同じように作用します。 従って、DVD プレーヤーのリモコンの 「字幕」 ボタンを使って、コメントの表示を切り替えることができます。 市販の DVD が言語によって異なるチャンネルを持つのとちょうど同じように、3 種類までの字幕チャンネルを追加することができます。 ほとんどのユーザーがチャンネル #1 (字幕トラック 1) を使って、写真にコメントを追加します。 追加のトラック/チャンネルを使って、たとえば写真が撮影された場所や日付を追加したり、他の言語でのコメントを追加することができます。
    字幕
    [...] ボタンをクリックすると、字幕のフォント、色、スタイルを変更することのできる [字幕スタイルの編集] 画面が開きます。


    動きや切り替えオプションの変更
    動きのオプション ボタンやオプションは、それぞれ以下のような働きをします:

    自動 写真に自動的に動きを加えます。

    静止 写真が静止状態になり、一切動きを加えません。

    ズーム:
    拡大 写真が拡大表示されます。

    縮小 写真が縮小表示されます。

    パン:
    下から上へ 写真が下から上へと移動します。

    左から右へ 写真が左から右へと移動します。

    上から下へ 写真が上から下へと移動します。

    右から左へ 写真が右から左へと移動します。


    [効果レベル] は、上で設定した動きの効果を大きく、または小さくします。 「静止」 以外のすべての種類に適用されます。

    [画像の表示時間] は、写真が画面上に表示される合計の時間です。 特定の写真の表示時間をここで変更することができます。


    切り替えの長さ
    [切り替えの長さ] は、写真間の切り替えに使う秒数です。


    その他のボタン
    [スライドの編集] 画面の上部には、次のボタンがあります:

    戻る 変更を適用せずに、メイン画面に戻ります。

    適用して閉じる この画面で変更した設定を適用して画面を閉じ、メイン画面に戻ります。

    メイン ガイドに戻る