Blow Up 3

機能

New! イメージ品質

Blow Up 3 で、私たちはコンピュータの人工的な劣化を生じずに、エッジをさらにシャープにする技術を見出しました。 下の画像では、Blow Up 3 と Photoshop などの画像編集アプリケーションで使われている一般的なバイキュービック方式による拡大との差異を示しています。 その他のサンプルを見るには、画像をクリックしてください。

例 3
バイキュービックによる 200% の拡大
例 3
Blow Up による 200% の拡大

LightroomNew! Lightroom 対応

Blow Up 3 は、バッチ処理をサポートするなど、Lightroom と緊密に連携し、Photoshop を必要としません。 詳細に関しては、Lightroom ページをご覧ください。

Blow Up のインターフェイスNew! シンプルな操作体系

Blow Up のインターフェイスは、極めてシンプルです。 Photoshop で使用する用紙サイズを設定して、必要に応じてトリミング領域を指定するだけです。 バージョン 3 では、難しい部分をすべて内部に隠しています。 短いビデオ チュートリアルを見たり、試用版を使ってみると、どのくらい簡単に使えるかがお分かりいただけます。

New! 高速性

Blow Up 3 は、Macintosh、Windows どちらのコンピュータでも高速に動作します。

画像サイズ

Photoshop が扱うことのできる最大サイズである、一片 300,000 ピクセルまでサイズ変更することができます。 看板などの大きな画像を扱う必要があるときに、Photoshop でその画像を扱うことができれば、Blow Up でも扱うことができます。

CMYK

Blow Up は、プロの写真家が使うオフセット印刷や 16 ビット/チャンネル画像で使われている CMYK イメージを扱うことができます。

プリセット

Blow Up には、写真用紙や日本、欧米の規格を始めとする、一般的な用紙サイズのプリセットが多数用意されています。

出力のシャープネス

用紙の種類を選ぶだけで、Blow Up がインク拡散を補正するのに適切な量のシャープネスを適用します。