Blow Up 3

サンプル

下のサンプルで、Blow Up が Photoshop、Lightroom などの画像編集アプリケーションで使われているバイキュービック補間法よりも遥かにシャープな結果を作り出す実例を見ることができます。 Blow Up は、拡大した画像に通常見られる不鮮明なエッジやブロックノイズを排除します。

この 200% の拡大で、従来のサイズ変更ではエッジにブロックノイズが生じていますが、Blow Up では髪の毛 (や触手) のような細い物体でも滑らかさとクリアを保っています。


オリジナル


バイキュービックによる 200% の拡大

Blow Upによる 200% の拡大


このページに記載されている GNU and Creative Commons ライセンスに基づく Nick Hobgood 氏の写真提供

この 200% の拡大では、Blow Up で拡大した方が炎のエッジがはるかにはっきりとしています。


オリジナル


バイキュービックによる 200% の拡大


Blow Up による 200% の拡大


このページに記載されている GNU and Creative Commons ライセンスに基づく Luc Viatour 氏 www.Lucnix.be写真提供

人間の目は顔の中でも特に注意を要する部分です。 そのため、大きなポートレイトの印刷には、Blow Up が必要不可欠となります。 この 200% の拡大で、歯、目、眼鏡の周囲のエッジの保持において Blow Up が優れた働きをしているのがご覧いただけます。


オリジナル


バイキュービックによる 200% の拡大

Blow Up による 200% の拡大


バイキュービックによる 200% の拡大


Blow Up による 200% の拡大

Blow Up は、このロゴのようなイラストレーションの拡大でも目覚しい働きをします。 この画像を 400% 拡大しましたが、曲線の形状とシャープさを保っています。


オリジナル


バイキュービック
による 400% の拡大

Blow Up による 400% の拡大

この 300% もの大幅な拡大では、従来のバイキュービック方式ではジャギーが生じていますが、Blow Up ではエッジのシャープさと滑らかさを保っています。


オリジナル


バイキュービックによる 300% の拡大

Blow Up による 300% の拡大

この 200% の拡大では、従来のバイキュービック方式によるサイズ変更がエッジをぼかして台無しにしてしまっている一方、Blow Up は個々のエッジを保ってシャープさを保持しているのが分かります。


オリジナル


バイキュービックによる 200% の拡大

Blow Up による 200% の拡大


バイキュービックによる 200% の拡大


Blow Up による 200% の拡大